チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  腱鞘炎(手・指・手首) >  手・指・手首の関節痛・腱鞘炎を原因で診断しましょう!

手・指・手首の関節痛・腱鞘炎を原因で診断しましょう!

スポンサードリンク

手関節痛・腱鞘炎.gif
手関節痛や腱鞘炎の原因で多いのは外傷と過使用です。外傷の場合は怪我ですから、ご自身である程度診断がつきます。靭帯の損傷、脱臼、骨折が多くあります。また気をつけなければいけないのが、治療を開始している時の虚血による骨の壊死です。骨の壊死は骨の変形を残しますので手関節が将来的に不具合を起こすことが多くあります。経過観察が必要です。また、過使用による靭帯や腱の肥厚や磨耗は、指が動かなくなったり手首が動かなくなたリと痛みの原因になります。腱鞘炎も多く、最終的には変形を生じますので早いうちからのケアが重要になります。

リウマチ性関節炎
リウマチ性関節炎の関節痛の原因はリウマチで自己免疫疾患です。手の指に関節炎が起こり関節の変形を生じます。通常は両側の症状であり、血液検査、レントゲン検査によって確定します。

変形性関節症
手関節の変形性関節症の原因は外傷と過使用です。指の関節に微小外傷を繰り返し変形を起こします。靭帯は緩み痛みが増してきます。(へバーデン結節など)

ドケルバン腱鞘炎(第1指狭窄腱鞘炎)
長母指外転筋と短母指伸筋の腱の過使用による肥厚と腱鞘の慢性的な微小外傷が原因で親指が痛くなり、握ったりすると痛みが憎悪します。親指の腱鞘炎です。

手根管症候群
手根管症候群の手関節痛の原因は、手首の手根管での正中神経の圧迫です。液体停滞、ビタミンB欠乏、骨折、脱臼、ガングリオン、糖尿病、リウマチ、変形性関節症などがあり、いずれも正中神経を手根管で圧迫するものです。

円回内筋症候群
円回内筋症候群の原因は回内筋の肥大(緊張)や浅指屈筋の結合組織アーチの肥厚で起こる正中神経の圧迫です。手のひらに痛みを発し、手根管症候群との鑑別が可能です。

ギヨン管症候群
ギヨン管症候群の原因はギヨン管を通る尺骨神経の圧迫です。自転車を長く乗っていたり、ハンマーを沢山使ったりして生じる事が多く、転倒によって手を突いて有鉤骨の骨折を起こしても起こります。C8の神経根障害を鑑別しなければなりません。尺側の肘にかけての感覚異常や握る力が弱くなったりがあれば頚椎の異常が考えられます。

舟状骨骨折
舟状骨骨折の原因は転倒が多く、手関節を90度以上伸展した状態での転倒で母指側の痛みや腫れがあれば舟状骨骨折が考えられます。レントゲン撮影が重要です。痛めてから2週間ほど立ってからまたレントゲンを撮ることをお薦めいたします。痛めた直後はレントゲンでわからない事があるからです。

前骨間症候群
前骨間症候群の手関節痛の原因は急激な運動などによって起きた前腕屈曲筋群の拘縮です。12〜24時間以内に手の弱化が現われてきた場合は、円回内筋と前指屈筋による前骨間神経の圧迫が起きていることをあらわします。

三角月状骨解離
三角月状骨解離の手関節痛の原因は、多くは転倒です。転倒によって三角骨と月状骨の間の靭帯が損傷します。月状骨が手のひら側に変位します。

背部インパークション
背部インパークションの手関節痛の原因は反復性の手関節の背屈です。マッサージやその他の手に体重を乗せるような運動の反復で有頭骨、月状骨の変位を起こして手首の関節に変形を起こすことも多いです。

キエンボック病
キエンボック病は手関節の損傷や反復性の小さな外傷で月状骨が虚血を起こします。そして骨の壊死を起こして最終的には月状骨の変形を生じます。ほっておくと手が正常に動かなくなりますので早く診断して早くに治療を開始する事が重要です。

【手指の腱炎】

マレット指
マレット指の原因は外傷です。遠位指節関節が伸びた状態で総指伸筋に断裂を越します。指は曲がったままで、自分で伸ばす事が出来ません。

フットボール指
フットボール指の原因はマレット指とは逆です。指を伸展した状態で衝撃を受けて深指屈筋の断裂を起こして、自力で遠位指節関節を曲げることが出来なくなります。この場合は直ぐ手術となります。

バウトニアー変形
バウトニアー変形は遠位指節関節の過剰屈曲で総指伸筋の中央筋層部の断裂を起こします。腱の外側支帯が前方変位してしまうことです。近位使節関節は屈曲したまま自力で伸展できなくなります。

【関節不安定性】

側腹靭帯捻挫
側腹靭帯の捻挫は外反や内反のストレスです。側腹靭帯に裂傷を生じます。

バネ指
バネ指の原因は過使用と外傷が主です。屈曲筋腱の肥大と腱鞘の狭窄が重なり件がスムーズに動かなくなります。自力で指が伸ばせなくなります。

デュピュイトラン拘縮
デュピュイトラン拘縮は遺伝や痛風や糖尿病などの人が多く、男性です。手の平の手掌筋膜が肥厚して第4と第5指の伸展が出来なくなります。

※このように手関節痛や腱鞘炎と呼ばれるものの中には沢山の原因が隠れています。しっかりとした検査で原因を早く特定して早期に的確な治療を開始する事が早く確実に治す近道となりますので、特に外傷の場合はメディカルチェック(病院治療)をする事が重要です。

 <  前の記事 手・指・手首の関節痛・腱鞘炎の治療を知りましょう!  |  トップページ  |  次の記事 手・指・手首の関節痛・腱鞘炎を症状でみましょう!  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク