チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  肩関節痛 >  肩関節痛を症状で診断してみましょう

肩関節痛を症状で診断してみましょう

スポンサードリンク

肩関節痛.gif
肩関節痛の症状は急性期の炎症の痛みから、慢性的ないわゆる五十肩まで様々です。急性期の場合はほとんど外傷でしょうから痛みが継続します。骨の異常、靭帯の異常、筋肉の異常、関節唇の異常が考えられます。まずはメディカルチェックを行い病態を把握する事が大切です。五十肩に関しては一般的に診断不可能なものに対してそう呼ばれているようですが、癒着性関節包炎や疼痛性拘縮症に於いてそう呼ばれています。五十肩の症状は患者によって違います。

肩関節脱臼
肩関節脱臼の症状は肩関節の外旋、外転を伴って起きる事が多いです。野球のボールを投げる時のような格好です。ほとんど(95%)が外傷性の損傷で上腕骨頭は前下方に脱臼します。サルカス徴候といった外部から見てもすぐにわかる肩関節の変形が確認できます。痛みは激痛で、ほとんど救急で処置されます。神経圧迫と血管の検査、骨折を確かめる必要がありますのでメディカルチェック(病院治療)が重要です。

ローテーター・カフ(回旋筋腱板傷害)
回旋筋腱板傷害の症状は外傷(怪我)や使い過ぎによって出てくる事が多く、視診(見た目)ではほとんど判りません。筋肉の異常で、棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋といった筋肉の損傷です。腕を真横に挙げてゆっくり下ろす事が出来なかったり、しっかり真横で止める力がなかったりした場合は回旋筋腱板障害が考えられます。

肩鎖関節離開
肩鎖関節離開の痛みは主に外傷(怪我)やスポーツ障害の2次的な徴候として出てくる事が多いです。
鎖骨の肩側の関節の靭帯が断裂します。ステップ変形といい、鎖骨が左右で高さの違いが起こり、障害側の鎖骨は上方に変位しています。

上腕二頭筋腱炎
上腕二頭筋腱炎による肩関節痛の症状は、いわゆる二の腕の使い過ぎが原因です。肘と肩をまっすぐ伸ばそうとすると肩の前側(結節間溝部)に痛みを覚えます。上腕横靭帯の損傷を伴う場合や筋肉のカルシウム沈着を調べなければなりません。メディカルチェック(病院治療)が必要です。

インピンジメント(圧迫)症候群
圧迫症候群の肩関節痛は肩の深部に痛みを感じます。最近、怪我をしたり過使用があったりすることが原因です起こりますが、腕を肩よりも高く挙げて作業をしている人が多くかかります。水泳選手やペンキを塗っていたりといった作業後に出る事が多いです。圧迫を受けるのは棘上筋、上腕二頭筋、滑液包です。圧迫するのは肩甲骨と上腕骨です。腕を持ち上げると圧迫が起こり痛みます。

三角筋挫傷
三角筋挫傷による肩関節痛の症状は外傷もしくは使い過ぎの過去があります。三角筋挫傷は触ると痛みがあります。

癒着性関節包炎
癒着性関節包炎による肩関節痛の症状は35歳〜55歳の年齢層に多く女性のほうが多く見受けられます。急性期には中度から重度の痛みがあり、肩を動かすことが困難になります。特に外傷やきっかけは思いあたりません。夜間痛を伴い歯痛のような痛みが継続して夜も眠る事ができません。
数ヶ月に及ぶ痛みの後、痛みは和らいできますが、運動が出来なくなってきます。この状態が更に数ヶ月〜数年という人もいます。
最終期は、普通に生活できますが肩関節の動きの制限が残ります。これを少しずつ動かして元に戻していく段階です。この時期に入って初めて運動が効果を発揮する事が多いです。運動を始める時期を誤れば、治るのに時間がかかってしまいます。

疼痛性拘縮症(肩関節周囲炎)
疼痛性拘縮症の肩関節の痛みの症状は癒着性関節包炎がしっかり治療されていなかった為の拘縮の痛みです。肩の動きは悪く筋肉は硬く肩関節を守っているかのように緊張しています。動かさなければそれほど強い痛みはありません。無理に動かそうとするとそれに伴う痛みが出る程度です。このいたみはおそらく100%の人がしっかり治す事が出来ます。

胸郭出口症候群
胸郭出口症候群の肩の症状は、痛みもありますが腕にかけての痺れ感や温度感覚の異常です。腕神経叢(頸部から出てくる腕を支配している神経)の圧迫によって腫れぼったい感じや痺れ感やその他の違和感が生じます。神経を傷害している原因はいくつかに分類できます。

※このように肩関節の痛みにはいくつかの症状があります。症状から原因をある程度特定していくことが出来ますので知っておくとよいと思います。ただし、怪我やわからない肩痛が生じた場合はまずメディカルチェック(病院検査)を行って現状を把握する事が的確な治療を早く開始するためにも必要です。また重大な疾患を見落とさないためにも、検査をお勧め致します。

 <  前の記事 肩関節痛を原因で診断してみましょう  |  トップページ  |  次の記事 リンク集  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク