チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  膝関節痛 >  膝関節痛を症状で診断してみましょうね!

膝関節痛を症状で診断してみましょうね!

スポンサードリンク

膝関節痛.gif


ひざの痛い年配の方に軽量薄型の携帯用正座椅子「正座楽」


膝関節痛の症状は、鈍い痛み、ズキズキする痛み、深い部分の痛み、浅い部分の痛み、何となく違和感、腫れがあって熱っぽいなどの症状に分けることが出来ます。また、継続的に痛むのか、途切れ途切れに痛いのか、規則的か、不規則的かなどの痛む時期によって、急性期の症状なのか慢性期の症状なのかを判断する事が出来ます。症状によって骨を痛めているのか筋肉や靭帯などの軟部組織を痛めているのか神経支配の問題なのか感染なのか等をある程度診断できます。
急性の場合は、当然メディカルチェックにて感染や骨折など重度の障害を診断しないといけませんので、病院検査は現状把握のためにも重要になります。中でも多い膝関節痛は外傷や使い過ぎです。また多くの方が困っているのは膝関節の変形ではないでしょうか。変形自体は元に戻る事が無く、現状維持を計り悪化を防ぎます。進行してしまった場合は手術が多く用いられます。しかし手術をする前にも、しっかりとした治療計画を立てて正しい治療を受けることで膝関節痛は改善します。外傷や過使用による痛みでスポーツ性のものは比較的よく治り、年配の膝関節痛は変形や筋力の弱化や筋膜異常などの時間をかけて出た膝関節痛がほとんどですので治療時間もかかりますし治りにくいです。
膝の関節は靭帯で一番大きな関節ではありますが、一番弱い関節でもあります。また複雑であり一長一短では治りません。全身を改善して膝関節に対する負担を取り除く事が変形の進行を防ぎ、快適に生活するうえでのよりよい治療法になると思います。

膝蓋軟骨軟化症
膝蓋軟骨軟化症の膝関節痛の症状はいわゆるお皿(膝蓋骨)の部分の痛みです。お皿を押してみたり動かしてみると、お皿の裏や膝関節の部分に痛みを感じます。通常は片側の痛みです。両側の膝に痛みが出てきた場合はリウマチによる関節炎が考えられますのでメディカルチェックにてリウマチ因子の有無を調べる必要があるかもしれません。

捻挫
捻挫による膝関節痛の症状は、よくある関節の捻挫です。膝関節周りの筋肉と靭帯と軟骨の断裂損傷です。急性期は炎症が起きて腫れてきます。熱を持ち赤みを帯びてきます。軽度のものから重度のものまであり、それぞれ治り方が違ってきます。

大腿四頭筋腱炎
大腿四頭筋腱炎の膝関節痛の症状は、大腿四頭筋に力が入らなくなります。太ももの前面の大きな筋肉で、膝を伸ばす筋肉です。「ジャンパー膝」「ランナー膝」などと呼ばれ長距離ランナーによく起きる膝関節痛です。大腿四頭筋腱での触診の痛みがありますし、膝の曲げ伸ばしでも痛みが出てきます。

ハムストリングス筋腱炎
ハムストリングス筋腱炎の膝関節痛の症状はハムストリングスの腱の痛みを感じます。ちょうど膝の裏側の内側か外側の痛みがあります。ハムストリングス筋に力が入らなくなってきます。上記のランナー膝とは表と裏の逆の筋肉の異常です。陸上のスプリンター(短距離走者)に多く発生します。

シンスプリント
シンスプリントの痛みの症状は、原因筋によって膝の前部、外側、内側の痛みに分類します。前部の痛みは前脛骨筋、長母指伸筋の腫れ(腱炎、筋膜炎、骨膜炎が合併)して触っただけでいたいです。外側部の痛みは短腓骨筋、長腓骨筋の腫れです。内側の痛みはひらめ筋、腓腹筋、足低筋の腫れがあります。いずれも触っただけで痛みがあり、腫れが特徴です。

オスグート・シュラッテル氏病
オスグート・シュラッテル氏病の膝関節痛は牽引性骨隆起炎やリトルリーグ膝などとも呼ばれてスポーツをする子供達に多くみられます。大腿四頭筋を過剰に使うスポーツで特に野球のキャッチャーの膝が傷害されます。脛骨粗面という部分に直接痛みがあり屈伸で痛みが増強します。骨が変形して隆起します。6歳〜15歳の子供に多く発生します。

感染症
感染症による関節の痛みは激痛です。体重をかけるのを嫌がり、寝ていても痛みが存在します。至急メディカルチェックを行う事が必要です。関節付近で怪我をした等があれば感染症の可能性があります。

その他
膝の痛みは様々です。上記以外にも色々な疾患があります。通常は骨の問題、軟部組織の問題、神経支配の問題に分類できます。

膝関節痛の症状で、ある程度どの部位の異常かが判断できます。急性期の場合はメディカルチェックを行いしっかり現状把握を行って的確な治療を早めに開始する事が重要です。

 <  前の記事 膝関節痛を原因で診断してみましょう!  |  トップページ  |  次の記事 足関節痛の治療を知りましょう  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク