チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  股関節痛 >  股関節痛

股関節痛

スポンサードリンク

【症状】 

股関節痛の症状は、病歴によって違いがあります。まずは外傷です。怪我ですから、ご自身で痛みが出てきた要因を認識することが出来ます。よくある股関節の痛みですが、転倒があります。転倒して直後の痛みは、皆さんよく知っている骨折や捻挫や打撲や脱臼が考えられます。皆さん、すぐにメディカルチェック(病院治療)を受けることが多いと思います。また、時間が経過して痛みが出る場合もありますが、外傷の時は、必ずメディカルチェック(病院治療)を受けることが大切です。特にお年寄りの場合は要注意です。軽い転等や尻餅で、股関節が骨折している事があります。
※このように、症状によって股関節痛の原因がある程度想像できます。自己診断は大切ですが、早いうちにメディカルチェック(病院検査)にて診断する事が、的確な治療を早く受けるためにも大切です。
股関節痛の症状で診断


【原因】

股関節痛の原因は、主に外傷や過使用によるものが多く、急性の場合はメディカルチェック(病院治療)が必要です。慢性的な股関節の痛みは変形が多く、過去の外傷や過度の運動による長年の股関節に対する負荷が原因となります。また、変形の中には、リウマチによるものや、虚血壊死によるものなどもありますので、十分注意が必要です。判らない症状は、放っておかずに、病院にて検査をする事が大切です。検査で異常のない慢性症状は、筋肉や靭帯などの軟部組織の異常が多くあります。

○骨粗鬆症
○先天性股関節脱臼
○疲労骨折
○外傷による股関節脱臼
○変形性股関節症(退行性股関節症)
○大腿骨頭の虚血壊死(骨壊死)
○大腿骨頭すべり症
○滑液包炎
○内転筋挫傷
○外側大腿皮神経痛
○股関節屈曲筋群拘縮症
○関節感染(敗血性関節炎、化膿性関節炎)
※同じ股関節の痛みでも、原因は様々です。
股関節を原因で診断


【治療】 

股関節痛の治療は、急性症状と慢性症状によって分類されます。急性の場合は、まずメディカルチェック(病院治療)を行います。骨折や脱臼などの重度の疾患は、速やかに整復、固定、手術等の処置が成されます。通常は、炎症に対しては、アイシングや物理療法が施され、慢性疾患の場合は、原因が骨なのか筋肉なのかを判断した上で、的確な処置がなされます。また、リウマチや感染症などの血液検査を要するものもありますので、まずはメディカルチェック(病院治療)をお薦めします。
股関節痛の治療を知りましょう

 <  前の記事 顎関節症を原因で診断してみましょう!  |  トップページ  |  次の記事 肩関節痛  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク