チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  顎関節症(顎関節痛) >  顎関節痛

顎関節痛

スポンサードリンク

【症状】

顎関節痛の症状は、顎の関節の痛みです。急性および慢性の症状に分けることが出来ますが、急性の症状は、突然に顎が開かなくなったり、閉じなくなったりします。ほとんどの場合は、顎関節に痛みが伴いますが、半月版(軟骨)の変位で、口が開いたまま閉じなくなったりした時は、筋肉の緊張で顔や頭が痛くなることもあります。慢性的な顎関節症の場合は、過去の外傷歴や歯の欠損や噛み合わせの問題が深く関わってきますが、触診による圧痛やカクカクなるクリック音が出てきます。また、顎の歪みがみられる事はしばしばです。顎関節の歪みは、将来的には、全身に影響を及ぼしますので、デンタルチェック(歯科治療)を行い、日頃から注意が必要です。
顎関節痛の症状


【原因】

顎関節痛の原因の多くは、外傷、過使用もしくは関節のアライメント異常です。外傷は、怪我や口を開きっぱなしで何かしていた(歯科治療を受けていたなど)も原因になります。過使用は、片方のみの奥歯で常に物を噛んでいたりすることで、片側の関節に負担をかけ、圧迫性の痛みとなります。アライメント異常は、歯の欠損や磨耗によるかみ合わせの異常などの歯科の問題でも多く起こり、筋肉や靭帯や関節面に負担をかけて痛みが出てくるものが多いです。また、関節内の軟骨のズレや靭帯の伸長も顎関節痛の原因になります。
過去の外傷歴は重要で、鞭打ちや顎関節のクリック音などは、顎関節症の原因に成り得ます。しっかりとしたメディカルチェック、デンタルチェックが、まずは重要です。
顎関節痛の原因


【治療】

顎関節痛の治療は、急性症状と慢性症状によって分類されます。急性の場合は、まずメディカルチェック(病院治療)を行います。骨折や脱臼などの重度の疾患は、速やかに整復、固定、手術等の処置がなされます。通常は、炎症に対してはアイシングや物理療法が施され、慢性疾患の場合には、原因が骨なのか筋肉なのかを判断した上で、的確な処置がなされます。また、リウマチや感染症などの血液検査を要するものもありますので、まずはメディカルチェック、デンタルチェックをお薦めします。

※以上が、顎関節痛に対する治療の主になります。まずは重大な疾患を見落とさない為にもメディカルチェック(病院検査)または、デンタルチェック(歯科検査)が大切です。
顎関節痛の治療

 <  前の記事 肩関節痛  |  トップページ  |  次の記事 膝関節痛  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク