チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  膝関節痛 >  膝関節痛

膝関節痛

スポンサードリンク

【症状】

膝関節痛の症状は、鈍い痛み、ズキズキする痛み、深い部分の痛み、浅い部分の痛み、何となく違和感、腫れがあって熱っぽいなどの症状に分けることが出来ます。また、継続的に痛むのか、途切れ途切れに痛いのか、規則的か、不規則的かなどの痛む時期によって、急性期の症状なのか慢性期の症状なのかを判断する事が出来ます。症状によって、骨を痛めているのか、筋肉や靭帯などの軟部組織を痛めているのか、神経支配の問題なのか、感染なのか等をある程度診断できます。
急性の場合は、病院検査が現状把握のためにも重要になります。とても多い膝関節痛は、外傷や使い過ぎです。また、多くの方が困っているのは、膝関節の変形ではないでしょうか。関節の変形自体は、元に戻る事が無く、現状維持を計り、悪化を防ぎます。
外傷や過使用による痛みで、スポーツ性のものは比較的よく治り、変形や筋力の弱化や筋膜異常などは、治療時間もかかりますし治りも鈍いです。
膝の関節は、人体では大きな関節でありますが、一番弱い関節でもあります。また複雑であり一長一短では治りません。全身を改善して膝関節に対する負担を取り除く事が、変形の進行を防ぎ、快適に生活するうえでのよりよい治療法になると思います。
膝関節痛の症状


【原因】

膝関節痛の主な原因は、大きく分けて骨の異常、軟部組織の異常、神経支配の異常、その他に分類できます。多くの場合は、外傷(怪我)もしくは過使用で、使いすぎの部類に入ります。大きな外傷の場合は、骨折や脱臼がありますが、痛みがひどく、ほとんどの方は、まずメディカルチェック(病院治療)を受けることと思います。また、骨の場合は過使用による変形もあります。軽度の変形は関節調整や筋力強化運動やストレッチで改善する関節痛が多いのですが、膝の関節痛でお悩みになるほとんどの方がは、高齢と共に出てくる変形性膝関節症ではないでしょうか。原因は、骨の変形と、それに伴う靭帯の緩み、筋力低下、柔軟性の欠如です。ここで無理が重なり炎症を起こします。この事の繰り返しで、変形はどんどん進行していきます。変形自体は治りませんから、変形を進行させないように工夫しないとなりません。膝に負荷がかからないような身体をデザインしていく事以外には、変形を最大限食い止める方法はありません。
膝関節痛の原因

  
【治療】

膝関節痛の治療は、急性期治療と慢性期治療に分かれます。急性期治療は、外傷や過使用で起こった急性の疾患です。この中には、骨折や捻挫や脱臼が含まれます。急性期の治療は、メディカルチェック(病院治療)にて検査を行い、しっかりと診断して治療がなされます。また、慢性期治療は長い間かけてきて患ってしまった膝関節の痛みです。骨の変形、軟骨の磨耗、筋肉の弱化等が考えられます。一般的には、物理療法、筋強化エクササイズ、筋膜治療(トリガーポイント治療など)が行われます。骨の変形や関節軟骨の変形は、元に戻る事がありませんので、周囲筋の強化、骨盤の矯正、脊椎矯正等で、膝に対する負担をなくす処置を行い、変形を進行させないようにする治療が有効です。かなり変形が進行してしまった場合は、手術がなされます。手術に至る以前に関節を守る方法は沢山ありますので、まずは負担をなくすような治療をして、変形を進行させない生活習慣の工夫が重要です。
膝関節痛の治療

 <  前の記事 顎関節痛  |  トップページ  |  次の記事 肘関節痛  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク