チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  肘関節痛 >  肘関節痛

肘関節痛

スポンサードリンク

【症状】

肘関節痛は、急性期の痛みと慢性期の痛みで症状も違います。急性期には、転倒や肘の強打で骨折や脱臼があります。また、痛風やリウマチによる関節炎、感染症による関節炎も起こります。これらを調べる為に、まずメディカルチェック(病院検査)は重要です。上記したものを除外できれば、通常のアイシングや物理療法の急性期治療が施されます。また、慢性の肘関節痛は、過使用による靭帯の断裂、骨の変形が多いです。子供でも見受けられ、リトルリーグ肘は有名です。慢性期の痛みは、症状を悪化させる動作があるものです。上手な筋肉のエクササイズと、肘関節に対して負担がかからないフォーム作りが重要な課題になるでしょう。
肘関節痛の症状

  
【原因】

肘関節痛の原因は、骨の問題と軟部組織の問題がほとんどです。神経痛も考慮しなくてはなりません。急性期の肘関節痛と慢性期の肘関節痛とに分類しますと、急性期の場合の原因は外傷が多く、骨折や捻挫や脱臼は、この部類に入ります。慢性期の場合は、変形や筋肉の異常が多く、痛みが出てくる動作が、多くの場合にあります。関節の変形は残念ながら治る事がありませんから、進行を防ぐ処置がなされます。例えば、筋力アップのエクササイズやストレッチです。痛みが出る運動やしぐさは、少し控えるような生活習慣も必要です。気をつけなければならない事は、肘の痛みの原因が痛風やリウマチや感染症の場合です。これらは、必ずメディカルチェックを必要としますので、まずは病院に行きましょう。
肘関節痛の原因


【治療】

肘関節痛の治療は、急性期治療と慢性期治療に分けられますが、急性期の治療は、主にアイシングと物理療法です。骨折があれば固定治療が必要です。また、慢性期の肘関節痛には、主に靭帯と筋肉の異常があります。靭帯を回復するには、緩んだ関節に負担をかけないような生活と身体作りが重要です。筋肉も過使用で筋緊張があったり、筋力が低下していたりします。更に、長期の筋肉の異常は、筋膜の異常を発症している可能性がありますので、筋膜に対する治療も必要になります。マッサージやストレッチ、筋力強化エクササイズ等で筋肉の異常を取り除き、その上で筋膜治療を施します。ここで靭帯の不安定性が解消されれば、慢性期の肘の治療は完璧です。ただし、過使用は肘関節の変形を生じます。変形は元に戻りませんから、関節に負担の掛からない身体の使い方、姿勢、生活習慣を構築していく必要があります。神経痛の可能性もありますので、整形学検査が必要です。リウマチや痛風や感染症を除外するためには、メディカルチェック(病院治療)にて血液検査は欠かせません。
肘関節痛の治療

 <  前の記事 膝関節痛  |  トップページ  |  次の記事 美容・健康のリンク  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク