チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  股関節痛 >  股関節痛の治療を知りましょう

股関節痛の治療を知りましょう

スポンサードリンク

股関節痛.gif
股関節痛の治療は、急性症状と慢性症状によって分類されます。急性の場合は、まずメディカル(病院治療)を行います。骨折や脱臼などの重度の疾患は、速やかに『整復、固定、手術』等の処置がなされます。通常は、炎症に対してはアイシングや物理療法が施され、慢性疾患の場合は、原因が骨なのか筋肉なのかを判断した上で、的確な処置がなされます。また、リウマチや感染症などの血液検査を要するものもありますので、まずはメディカルチェックをお薦め致します。

骨粗鬆症
骨粗鬆症による股関節の痛みは、変形が主です。変形が進行していない段階でしたら、『骨格矯正、筋力強化』をして股関節にかかる負担を減らす事も有効です。骨折が起きた場合は、『手術療法』が主で大腿骨頭部の骨折は人工関節が移植されます。骨折は、血液供給システムに影響を与え、骨壊死を起こす可能性がありますので、治療中でも経過の観察と十分な注意が必要です。

疲労骨折
疲労骨折による股関節の痛みの治療は、骨折の度合いによって異なります。大腿骨頚部に横断骨折の場合は、『手術』が適用になります。圧迫骨折の場合は手術の必要は無く、通常2週間程度の『休養と固定』をします。後に、水泳などの股関節に負荷のかからない筋力強化のエクササイズを行います。疲労骨折が治るのには、『4〜6週間』かかります。

先天性股関節脱臼
先天性股関節脱臼の治療は、新生児の6ヶ月以内で発見されたなら、オムツを2重にするなどの『固定で治療』できます。6〜15ヶ月の間で発見された場合は、2〜3ヶ月の間『ギブスで固定』します。歩き始めてから発見された場合は、『筋肉の牽引と股関節の手術(骨盤部)』が必要になることが多いです。4〜5歳になったら、バレー(クラシックバレー)のような筋力をつける運動を開始します。大人になると変形を生じることが多く、股関節の痛みを発生する事がとても多くなります。

外傷による股関節脱臼
外傷の股関節脱臼は、『後方脱臼』が主です。治療は、まずレントゲン等で骨盤部の骨折の有無を調べます。『手術療法』が適用になります。その後は3ヶ月程度、体重をかけないように過ごさなくてはなりません。成人の外傷による股関節脱臼は、合併症をひき起こすことが50%くらいの確立であり、『虚血壊死』をひき起こし、変形性関節症に移行することが多くありますので、経過観察が重要になります。

変形性股関節症(退行性股関節炎)
変形性股関節症の治療は、進行度によって違います。軽い場合は、『筋力アップ』を目的としたエクササイズと、患部の股関節に負担がかからないような、『骨格矯正や骨盤矯正』が有効です。また『体重を減らす』などの努力も必要です。関節の隙間が無くなり骨棘(コツキョク)と呼ばれる変形が大きく、歩行が困難な場合は、『手術療法』が適用になります。(手術は人工股関節に交換します。)まずはメディカルチェック(病院治療)及び検査が重要になります。

大腿骨頭の虚血壊死(骨壊死)
大腿骨頭虚血壊死の股関節痛の治療は、子供のレッグ病では、『体重をかけないようにして』股関節が変形することを防ぎます。期間は『18ヶ月〜36ヶ月』です。大人の大腿骨頭虚血壊死の場合は、ほとんどの場合で、『手術』が必要になります。

大腿骨頭すべり症
大腿骨頭すべり症は、8歳〜17歳の子供に発生します。10%〜20%の子供には両側の股関節の異常が出てきますので、両側の股関節のレントゲン撮影が必要です。治療は、『大腿骨頭の成長線が閉じるまで体重をかけないようにする処置』がとられます。大腿骨が転移してずれている場合は、『手術』が必要になります。虚血壊死を起こしやすく、将来的に変形性股関節症を引き起こしやすくなるといわれています。

滑液包炎
滑液包炎の治療は、滑液包の炎症ですから、急性期治療が主な治療として施されます。『アイシング』に加え、急性期の『物理療法』が多く用いられます。慢性期に入ったら『筋肉のストレッチ』等で筋肉の緊張をとります。

内転筋挫傷
内転筋挫傷の治療は、筋肉の捻挫になりますので、急性期治療が施されます。『アイシング』に加え、急性期の『物理療法』が主です。慢性期に入ったら筋肉の『ストレッチや筋膜異常を調整する治療』が行われます。

外側大腿皮神経痛
外側大腿皮神経痛は、神経圧迫ですから、神経圧迫を取り除くような治療がなされます。『体重を減らす事』や『骨盤部の矯正』が効果を発揮します。『きつい服の着用は避け、ズボンのポッケに物を入れない』ようにすることも大切です。

股関節屈曲筋群拘縮症
股関節屈曲筋群拘縮症の治療は、大腿直筋の異常なのか、腸腰筋の異常なのかを調べる事が最優先です。トーマステスト、イリーテスト、大腿直筋拘縮テスト等を使って鑑別します。筋肉の拘縮(異常な緊張)ですので、緊張を和らげる様な『ストレッチ』や『筋膜調整』で治療できます。姿勢が原因となりやすいため、『姿勢のアドバイス』も重要です。

関節感染(敗血性関節炎、化膿性関節炎)
感染症による股関節の痛みです。常に激痛がありますので、早くにメディカルチェックが必要です。子供の場合は、転んで怪我をしたとか、風邪をひいていたなどが、近い過去にあったら、この感染も疑われます。確実な診断と病原菌の特定のために、『関節吸引』が行われます。血液検査等で感染が疑われた場合は、『抗生物質の投与』が治療となります。

※以上が、股関節痛に対する治療の主な方法になります。まずは重大な疾患を見落とさない為にも、メディカルチェック(病院検査)が大切です。

 <  前の記事 股関節痛を原因で診断してみましょう  |  トップページ  |  次の記事 関節痛とヒアルロン酸  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク