チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  ヒアルロン酸 >  関節痛とヒアルロン酸

関節痛とヒアルロン酸

スポンサードリンク

関節痛の治療に注射があります。注射の内容物はヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、ここ数年注目されおり、関節液や関節軟骨に、もともと存在している物質ですが、年齢と共にヒアルロン酸は減少して、関節のスムーズな運動を妨害するようになると考えられています。そこで、無くなりつつある関節液の成分を補充しましょうというのが、ヒアルロン酸の注入療法です。


特に利用されているのが、中年以降の変形性膝関節症に対してです。関節軟骨は磨耗してしまい、骨の変形が出てきます。筋力強化や物理療法もしくは薬物療法を用いることが多い疾患ですが、このところ、ヒアルロン酸を補充して、関節の動きをスムーズに保つことが出来れば、変形が食い止められるのと、痛みに対しても効果が期待されています。数回の注射を施して、痛みが出なくなる人もおられようです。


注射以外にも、経口用のヒアルロン酸もありますので、注射は苦手という人は、お試しになるのも一つの方法かと思います。

TVCMでお馴染み!飲むヒアルロン酸『皇潤』


しかし、残念ですがヒアルロン酸も根本療法ではありません。何故なら関節の変形は治らないからです。あくまで補充療法、対症療法になります。とはいえ、補充することで、関節の動きがスムーズになり、行く行くは、痛みまで消えることも大いにあるというのですから、試してみるのも方法かと思います。


ヒアルロン酸注射療法は、全身の関節痛の治療に応用されています。膝関節痛に対しては、とても良く用いられているようです。ただしあくまで潤滑を良くする事が目的です。治癒に関しては自分自身の力にゆだねられます。ヒアルロン酸は身体を治してはくれません。


※最近では経口用のヒアルロン酸も市販され、益々その需要も高くなってきそうです。

 <  前の記事 股関節痛の治療を知りましょう  |  トップページ  |  次の記事 股関節痛を症状で診断してみて下さい  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク