チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  足関節痛 >  足関節痛

足関節痛

スポンサードリンク

【症状】

足関節にはアーチがあり、柔軟性を維持するために有効です。アーチは骨、靭帯、筋肉で作られ体のショックを吸収する役割を持っていて、正常な足関節の働きは、膝関節や股関節や骨盤や脊椎を正常に保つためにも大切です。足関節の異常は、足に問題を起こしますが、いずれは背骨の異常や筋肉の異常を生じて、神経的な症状も加わって、機能障害、疾病、そして痛みが出てきます。このように、足関節の異常は、下肢、脊椎へと異常が伝播して症状を悪化させます。症状から足関節のどこが悪いのかをある程度診断出来ます。判らない症状は、放って置かずに、まずメディカルチェック(病院検査)をしっかり受けて、現状を把握しておく事が大切です。そして、的確な治療を早く開始することが、早期回復には絶対に欠かせません。
足関節痛の症状を詳しく


【原因】

足関節痛の原因の多くは、外傷と変形です。外傷は、柱に足をぶつけた等の軽いものから、パンパンに腫れあがり、体重を乗せる事などまったく不可能な程の重症の場合まであります。また、年齢的な変形や過使用による変形、外反母趾のような遺伝要素を含むものまであります。意外に多いのが骨折で、重症の捻挫や外傷の場合は、必ずメディカルチェック(医療検査)を受けて、骨折の有無を確認しましょう。また、虚血(血行障害)による壊死の可能性がありますので、治療中であっても油断は禁物です。しっかりと経過を観察することは怠れません。
足関節痛の原因を詳しく


【治療】

足関節痛の治療は、痛める部位や痛め方にもよりますが、急性期治療と慢性期治療に分類します。急性期には、骨折やリウマチや神経系統の異常も隠れていますので、まずはメディカルチェック(医療検査)が重要です。特に、骨折はレントゲンやMRI 等で調べることが最終診断になりますので、腫れがひどいなどがあれば、必ず医療検査を受けます。また、リウマチや痛風などは、血液検査が診断となりますので、まずはしっかり検査する事をお薦めいたします。急性の骨折や捻挫は、炎症に対する処置と固定です。慢性的な症状に対しては、殆んどは軟部組織に対して、強化とストレッチとなります。基本的には、関節の可動性亢進が多く、靭帯に対するアプローチと筋肉に対するアプローチが、基本となります。場合によっては、足底板を利用したりして、偏平足や凹足や外反母趾などの変形に対応します。
足関節の治療を詳しく

 <  前の記事 股関節痛を症状で診断してみて下さい  |  トップページ  |  次の記事 顎関節症を症状で診断してみましょう!  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク