チェック⇒階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』

Top >  顎関節症(顎関節痛) >  顎関節症を症状で診断してみましょう!

顎関節症を症状で診断してみましょう!

スポンサードリンク

顎関節症.gif
顎関節痛(症)の症状は、ズバリ!顎の関節の痛みです。急性の症状や慢性の症状に分けることが出来ますが、急性の症状は、突然顎が開かなくなったり、閉じなくなったりします。ほとんどの場合は、痛みを伴いますが、半月版(軟骨)の変位で口が開いたまま閉じなくなったりした時は、顎関節というよりも、口を閉じる筋肉の緊張で顔や頭が痛くなることもあります。慢性的な顎関節症の場合は、過去の外傷歴や歯の欠損や噛み合わせの問題が深く関わってきます。半月版の変位や筋肉の不均衡や頚椎の不整列によって、触診による圧痛やカクカクなるクリック音が出てきます。また顎の歪みに発展する事はしばしばです。顎関節の歪みは、全身に影響を及ぼしますのでデンタルチェック(歯科治療)を行い、日頃から注意が必要です。

【主な顎関節症の症状】

関節包炎
関節包炎は、文字どおり関節包の炎症で起こります。口を開いたりして顎関節包をストレッチすると、症状が憎悪します。痛みのある側と反対で物を噛んでも痛い側がストレッチされて痛みます。外傷が多く、あくびやかみ合わせの悪さや長い時間の口の開けっ放しでも痛みが憎悪します。

滑膜炎
滑膜炎による顎関節痛の症状は、硬く口を閉じて痛みが出る事です。重度の場合は、普通に口を閉じていても痛みがあります。顎関節を圧迫するような動作で痛みが憎悪し、触診で痛みがあり、痛い方の耳に指を入れて、顎関節を圧迫しても痛みがあります。アイスの木べら等を、痛い側の奥歯で咬むと痛みが和らぎます(顎関節の隙間が開いて、圧迫が取り除かれるので、痛みが軽減します。)

半月板障害
半月板障害の顎関節痛は、口を開けたり閉じたりする時に、『クリッ』と、関節が跳ねるような感じと音がします。クリック音と呼んでいますが、半月板が変位して、口を開けたり閉じたりした時に、関節が半月板を飛び越えたり飛び降りたりする時に起こる現象です。閉口筋である内側翼突筋の触診(口の中に手を入れて触診)で痛みがあります。

閉口ロック
閉口ロックの顎関節の症状は、口が開きにくくなります。全開しても、手の指が縦に3本入りません。触診時に痛みがあり、半月板の変位があります。鞭打ちや顎関節のクリック音の過去歴があるなどの病歴は、閉口ロックを起こす要素となります。

急性開口ロック
急性開口ロックの顎関節の症状は、外傷が多いようですが、最大に開口した状態でロックしてしまいます。半月板の前方に、下顎の関節頭が移動したまま関節が、軟骨に引っかかった状態となって、動かなくなります。

靭帯損傷
靭帯損傷による顎関節痛は、外傷や歯科治療の時の無理な開口によって起こることが多く、靭帯の炎症が起こります。靭帯は伸張され、『不安定性』が残ってしまいます。その為、口を開く時に痛めた顎関節が、反対側よりも早く動きます。そして、下顎角は痛めた側と反対に移動します。

筋緊張
筋緊張の顎関節痛は、筋肉の緊張から来る顎関節の痛みと筋肉の痛みです。物を噛んだり、大きく開口した後に痛みが出てきます。痛みだけでなく、筋緊張から来る側頭部の違和感や耳の前の噛筋の緊張から来る違和感も加わります。顎関節周辺の筋肉には、外側翼突筋・内側翼突筋・噛筋・側頭筋があり、頚筋も顎関節に大きく影響しています。

※顎関節痛は、関節の圧迫による痛みと、関節の牽引による痛みがあります。筋肉の問題や歯の異常や頭蓋骨の歪みや体の歪みなどが、複雑に絡み合って顎関節痛の症状が出てきます。まずは、メディカルチェックを怠り無くしましょう。また、歯に問題があれば、デンタルチェック(歯科治療)で調整をしてもらうことが大切です。

 <  前の記事 足関節痛  |  トップページ  |  次の記事 関節痛とサプリメント(グルコサミンとコンドロイチン)  > 

☆飲んで治す関節痛↓
階段の上り下りがつらい。膝が曲げれない。こんな悩みに飲むヒアルロン酸『皇潤』


このページについて

このページは「関節痛.guide」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

その道のプロが、あなたをガイド。All About
「50代からの健康法」掲載サイト

スポンサードリンク